MENU

岩手・盛岡大府が優勝すると予想します!

岩手・盛岡大府の松本君くんがすごい!

31歳/男性/甲子園ファン歴20年
優勝:岩手・盛岡大府
準優勝:高知・明徳義塾
3位:神奈川・東海大相模
4位:大阪・大阪桐蔭

 

 

応援しているチームは沢山ありますが、良い勝負をしてくれれば見ている方は納得すると思います。
今年も強豪校有名校、初出場が出そろいました。

 

奈良の智辯学園の岡本君、岩手の盛岡大付の松本君

注目の選手は、奈良の智辯学園の岡本君で高校通算73本塁打と、今大会も3本塁打と打ってきました。
岩手の盛岡大付の松本君にも注目度は高まりますね。
投げては150キロ、打っては通算56本塁打と記録は大したものです。

 

明徳義塾の岸君に注目!

気になる人は明徳義塾の岸君ですね。
去年は森君(現西武)が率いる大阪桐蔭打線を、1点に抑えて勝利に貢献してきました。
岸君の球は球速はそこまで早くはないですが、伸びのあるストレートと意識をしてのシュートが威力がある球になっています。
1年から甲子園に出場している経験者ですから、済美の安楽君が甲子園に帰ってこれなかったのは、余計に岸君の今年は楽しみですね。

 

怪我に注意してほしい・・・

安楽君にはケガがあったとも聞いていますが、高校野球をしている全ての人達にケガをしないように気をつけて欲しいと、メッセージを送ります。

 

9回のドラマに期待したい!

さらに注目の学校は、9回のドラマを演出したこの4校です。
石川星稜、福島聖光、山梨では東海大甲府、大分では大分が初出場。
実力校揃いが、接戦をものにした勢いは、背水の陣からの勝ち上がりの勢いがそのまま出てくるので、全ての学校が怖いところですね。
大番狂わせもありうるこの大会の1回戦のカードが楽しみですね。