MENU

予想に自信のある1試合からも参加可能!

甲子園大会2014をおもいっきり楽しもう!!!

 

/

※当サイトからの申し込み爆発中♪※スマートフォンにも対応!!

【甲子園2014特集】

 

1,あなたの予想に賭け、的中して稼げる!
2,限定ボーナスポイントでタダで賭けられる!
3,当サイトからの申込者多数の爆発的人気!

 

 

↓【倍率オッズ一覧】
甲子園2014賭けオッズ
↓【甲子園2014出場校一覧】
甲子園2014出場校

優勝校or勝敗予想して稼げ!

 

 
 

2014年第96回全国高校野球選手権大会

代表出場校一覧

 

 

北海道・東北
地区 代表校
北北海道 武修館高
南北海道 東海大四高
青森 八戸学院光星高
岩手 盛岡大付高
秋田 角館高
山形 山形中央高
宮城 利府高
福島 聖光学院高
関東
地区 代表校
茨城 藤代高
栃木 作新学院高
群馬 高崎健康福祉大高崎高
埼玉 春日部共栄高
千葉 東海大望洋高
東東京 二松学舎大付高
西東京 日大鶴ケ丘高
神奈川 東海大相模高
山梨 東海大甲府高
東海・北信越
地区 代表校
新潟 日本文理高
長野 佐久長聖高
静岡 静岡高
愛知 東邦高
岐阜 大垣日大高
三重 三重高
富山 富山商高
石川 星稜高
福井 敦賀気比高
近畿
地区 代表校
滋賀 近江高
京都 龍谷大平安高
大阪 大阪桐蔭高
兵庫 神戸国際大付高
奈良 智弁学園高
和歌山 市和歌山高
中国・四国
地区 代表校
岡山 関西高
広島 広陵高
鳥取 八頭高
島根 開星高
山口 岩国高
香川 坂出商高
徳島 鳴門高
愛媛 小松高
高知 明徳義塾高
九州・沖縄
地区 代表校
福岡 九州国際大付高
佐賀 佐賀北高
長崎 海星高
熊本 城北高
大分 大分高
宮崎 日南学園高
鹿児島 鹿屋中央高
沖縄 沖縄尚学高
 

【的中】高校野球甲子園2014優勝予想!!と日程!!

優勝(京都)龍谷大平安
準優勝(大阪)大阪桐蔭
3位(新潟)日本文理
4位(神奈川東海大相模)

 

 

2014年大会は激戦となる!が・・・!

今大会の地方大会では、好投手を擁して前評判の高かった前橋育英・済美・浦和学院の3校が揃って敗れてしまい、有力候補が見当たらず、非常に激戦になると予想しています。
そう考えると、選抜優勝校の龍谷大平安!はやや抜けた存在として優勝候補の一番手に挙げました。

 

各高校の分析

2番手はPL学園との決勝を制した大阪桐蔭。いい選手が揃い、特に甲子園では予想を超えた活躍を見せる選手がいるので目が離せない存在です。

 

3位にはダークホース的存在として日本文理を挙げました。現広島の堂林率いる中京大中京との決勝戦でのあの粘りが、新潟県大会決勝の最終回逆転サヨナラ勝利に通じると感じています。日程次第ではかなりいいところまでいくと思っています!

 

4位もダークホースとして東海大相模。原元監督の訃報もあり、現選手は直接教えを受けてはいないものの、何か期するところがあると予想しました。

 

東北に真紅の大優勝旗を!?

この他で注目しているのは、今大会最多の連続出場となる福島代表の星光学院。被災地の代表という判官びいきもありますが、確実に力を着けてきており、東北に真紅の大優勝旗をもたらす可能性があるのは、今大会ではこの学校だと思います。

 

広島カープの勢いを引き継いで・・・

広島代表の広陵も侮れません。今年は地元の広島カープが好調ということもあり、広島全体に勢いを感じます。
アメリカでも大逆転劇が話題になった星稜も面白い存在です。勢いを保ってくれればいいですね。

 

全体的には西高東低という印象を受け、特に私の住む関東地区は上位進出は難しいのではないかと予想しています。残念ですが…。

 

今大会の見どころ!

ズバリ! 広陵vs佐賀北が見たいですね。

 

記憶に間違いがなければ、現カープの野村、現巨人の小林のバッテリーが「不運」な敗戦を喫して、佐賀北が初優勝した7年前の大会以来の両校同時出場だと思います。

 

両校選手は、無関係ですし、当時のことを今更どうこういうつもりはありませんが、ドラマが起きるような気がしてワクワクします。日程に左右されるところですが、ぜひ見てみたい!

 

劇的な戦いで甲子園にやってきた高校が揃っている!

今大会は上述の日本文理、星稜を初め、劇的な形で甲子園出場を決めた高校が多く、高校生らしい最後まで諦めない姿を見せてほしいです。

 

初出場校でも優勝を狙える昨今の甲子園

最近の甲子園は有力校が各県に誕生したことで、昨年の前橋育英のように初出場初優勝のチームが出てきてもおかしくない状況にあります。

 

真の古豪と呼ばれるのは龍谷大平安と広陵の2校くらいかと。

 

そうした意味では初出場や甲子園出場の経験の少ない高校も名前負けせずに戦えるので混戦になることを期待しています。

 

何より今夏も猛暑ですから、選手の健康に配慮し、実力をぶつけ合える大会にしてほしいと思います。そのためには大会運営の方には十二分な注意をお願いしたいと思います。

 

個人的に思うことですが・・・

ひとつだけ苦言を呈せば、一昨年の大会で「花巻東の大谷君を観たかった」と言った高野連会長。選手たちは必死の思いで勝ち上がってきたのですから出てくれない方がよかったと解されるような発言はトップとして恥ずかしいと思います。

 

特定のチームに肩入れすることなく、出場した全校・全選手へのリスペクトを忘れないでほしいです。

 

それが教育としての高校野球であり、ファンの期待と感動を生み、勝っても敗れても、たとえ甲子園出場を果たせなくても高校球児たちへのリスペクトにつながるのですから・・・!

 
 
更新履歴